【脊椎】の反射区はどこ??
 脊椎の反射区は、左右の足の親指側の側面にあります

 場所は右の図をみて下さい。
 
 脊椎といっても、頚椎、胸椎、腰椎、仙骨、尾骨となりますが、仙骨、尾骨は今回は省略させていただき、お問合せの多い、そのほかの脊椎の反射区に限定して説明いたします。

 まず、親指の第1関節からくるぶし側に向かっての赤く広い範囲で示したところが頚椎の反射区です。
 リフレクソロジストはそこを何回かに分けて細かく刺激するのですが、一般の方は大雑把で構わないと思います。

 胸椎の反射区は足の甲側、図でいうと上の方のラインの親指寄りから始まる部分です。

 そのまま延長線上で足首に向かって腰椎の反射区になります。
縦のラインも腰椎の反射区。

土踏まずの方の下のラインがも胸椎です。

大体、腰痛でお悩みの方、立ち仕事の方、妊婦さん、小さなお子さんがいる方は、これらの反射区を刺激すると痛がります。
 要するに、腰や背中にご負担のかかっている生活を送っている方々のお疲れがこの脊椎に現れてきます。

 頚椎の反射区は、首のコリはもちろん、肩、頭痛などでお悩みの方にぜひとも刺激していただきたい反射区です。
 リフレクソロジーは経絡の「ツボ」よりも少し範囲の広いゾーンセラピーですので、一般の人がやる分なら、少し違うかな?と思っても、気にしなくて良いです。

 難しいことを考えることより、まずは実行することです。
足を適度に刺激することは、場所はどこであれ、健康には好影響をもたらします。
毎日、少しずつでもやってみては?

  筋肉疲労による腰痛、首のこり、肩こり、頭痛、などにお役立ていただけます。
 椎間板ヘルニア、すべり症など骨のトラブルによる痛みには、根本的な解決にはなりませんので、お医者様にかかりましょう。ただし、これらのトラブルを持った方でも
日常のケアとしては多いに(但しソフトに)刺激してほしい反射区です。