【腎臓】の反射区はどこ??
 腎臓のの反射区は、左右の足の土踏まずあたりにありますが、言葉で説明するのはかなり難しい場所です。
足裏を親指からかかとに向かって進んで行き、親指の付け根の大きな骨を越えたあたりにありますが、その位置には個人差があるところです。
我々リフレクソロジストは膀胱から尿管の反射区を辿って行き、すこし指の入るところを腎臓の反射区ととらえますが、その付近には腱もあります。腱を刺激しないよう注意が必要です。腱を強く刺激すると痛いだけですので、慎重に探して見て下さい。

 場所は右の図をみて下さい。

 腎臓は水や塩分の過剰分や尿素のような毒性のある化学物質を血液中から除去しています。
とくに足のむくみが気になる方は、ぜひこの部分を刺激して下さい。不用物質をよりわける臓器ですので、この反射区の刺激をすることは慢性的な疲労感の解消には絶対必要なことです。
 リフレクソロジーは経絡の「ツボ」よりも少し範囲の広いゾーンセラピーですので、一般の人がやる分なら、少し違うかな?と思っても、気にしなくて良いです。

 
腎臓の反射区を刺激する場合は、間違えて土踏まずの腱を力いっぱい刺激することの無いようにくれぐれも注意してください。痛めてしまいますよ。
 自信の無い方は、ソフトに広い範囲を刺激するようアドバイスしておきます。


 難しいことを考えることより、まずは実行することです。
足を適度に刺激することは、場所はどこであれ、健康には好影響をもたらします。
毎日、少しずつでもやってみては?

  ふくらはぎなど脚のむくみがある場合、なんとなくダルイ。慢性的な疲労感がある場合などに刺激するとよいでしょう。
 体の老廃物は汗とお小水で体外に排出されますので、腎臓の反射区を日々刺激して活性化させておきましょう。